blog tii

blog

網干の家 模型

111

外観のデザインについて

 緩やかに傾斜した大屋根の角度と、水平ラインを強調した壁を設け、

 その背後には、奥行き感を出すために、2階の床を1階より1.3m

 持ち出し、穴あきブロックをリズミカルにレイアウトし、シンプル

 ながらも、存在感を持たせる設計としました。

 

1

真上から見た建物形状です。敷地を可能な限り利用した計画としております

11

 

 

 

1111

 

12

ケースにお入れしまして、お客様にお渡しさせて頂きたいと思います。